松村友昭の趣味の果樹園
前都議会議員・松村友昭のシュミログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製ワインをの壁、日本の酒税法
自家製ワインの壁は日本の酒税法

<酒税法のポイント>
○日本の酒税法では、ワインなどお酒(度数1%以上)をつくって、個人で飲もうと販売しようと、すべて製造免許が必要。免許がないものは前記の行為をしてはならないとしています。
○製造免許は、種類によって、例えばビールは60キロリットル、ワインなどの果実酒は6キロリットル以上の製造に達しなければ免許が受かられないとしています。
つまり、ワイン6キロリットルと言えば、お茶などのペットボトルの大型容器が2リットルですから、これが3000ボンの量をつくるものでなければ免許を出さないというものです。
自宅での数本のブドウの木から収穫できる量は、せいぜい一升瓶10~20本分、量にすればせいぜい20~30リットルでしょう。ですから、この法律がある限り、自家製ワインは絶対につくれないのです。
○ちなみに、酒税法第3章、第23条でワインなどの果実酒は1キロリットル8万円の税金を納めることになります。
○さらに、第9章、第54条では、製造免許を受けないで、製造したものは、10年以下の懲役または100万円以下の罰金を科すると、怖い罰則規定があります。

みなさん、この法律のどこをどう変えたら、晴れて自家製ワインを楽しむことが出来るか、いよいよ考え、行動しようではありませんか。同志よ集まれ!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://matsumura39.blog24.fc2.com/tb.php/13-5e8591e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

松村友昭

Author:松村友昭
前都議会議員の松村友昭です。公式サイト「都政だより」では都政報告などを更新中。ぜひご覧下さい。
 * * * 
借家住まいの小さな庭に次々に実のなる木を植えて20数年。今では ちょっとした果樹園になったと自慢したいところですが、どうして、この手入れが本当に大変。自分を励ます意味で、四季の果樹便りをお届けしたいと思います。
 * * *
そして、私がこのブログを立ち上げた最終目的は、日本のワイン文化の再生のため、明治以来の悪法、酒税法を改正することです。さまざまなご意見と交流したいと思います。
自分の手塩にかけたブドウでワインをつくって飲みたい。誰もが考えるロマンではないでしょうか。
しかし、日本では酒税法が立ちはだかって、ダメ、ダメなのです。「梅酒が良くて、自家製ワインをなぜつくっていけないのですか」当然の疑問です。 
そこで、私は、世界の国々ではどうなっているのかなど、酒税法をいろいろ研究してみて、今後自家製ワインの道が開かれないものか探求してみたいと思います。 
晴れて法改正が出来、手づくりワインを飲める日までは、私も一生懸命ブドウをつくって、免許業者に、玉村豊男さんみたいに委託し、せいぜいそれを自分のワインとして、楽しもうと思います。
 
同好の皆さんの意見をお寄せください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。